日本メディカルシステムについて

教育・研修制度

研修風景・集中する薬学生 研修風景・集中する薬学生
3年で一流の薬剤師をめざすためのステップアップシステム。

1年目は社会人としての働く姿勢、接遇、薬局の初歩的な運営について学び、基本知識をつけていきます。2年目からは現場力を身につけてステップアップ。3年目は、医療人としての意識を高め、他者に指導できるようになることを目標に幅広い知識を身に付けることができます。 薬剤師は自分の適性や能力を正確に把握する機会に恵まれて、薬局長や技術専門職など一流への道を歩み始めます。

ステップアップシステム

新人研修

新人研修風景

日本メディカルシステムでは、質の高い薬剤師を育てるために新人教育に力を注いでいます。入社後1ヵ月間かけて行われる本部研修では、調剤実務の基本を学ぶだけでなく、社会人としてのマナー、接遇、薬剤師としての役目を理解するなど、幅広い研修プログラムを用意。店舗配属後は現場研修プログラムにそってOJTを実施し、月1回の集合研修を続け、半年かけてプロとして通用する薬剤師を育てています。

「治療薬マニュアル講義」
治療薬マニュアル講義風景

経験豊富な大学病院元DI部門長、現学術部門長による薬剤講義「治療薬マニュアル講義(通称:治マニ講義)を実施しています。

表紙がボロボロになった治療薬マニュアル
治療薬マニュアルへの書き込み例
治療薬マニュアルへの書き込み例
「薬歴添削、採点(毎月)・薬歴実例の処方解析とロールプレイ」

 毎日予習をしていくことで、自分のオリジナルノートができあがります。

薬歴添削例
配布する研修資料
厚みのあるオリジナルテキスト
「当社オリジナルテキスト」
非売品のオリジナルテキスト

治マニ講義のエッセンスを盛り込んで、社員全員で作成、配布されるオリジナルテキスト(非売品)。

スキルアップ研修

薬剤師のスキルアップ研修風景

調剤技術や知識、薬局運営における研修を定期的に行い、薬局で活躍する薬剤師の能力向上をサポートしています。
また、調剤業務にとどまらず、担当職務や疾患別専門薬剤師、在宅介護、安全管理など専門性を高めることのできる研修も用意。重要な薬剤の特徴、注意点、意外な使い方など、臨床でのチェックポイントに重点をおいた研修も実施しています。

学術大会

学術大会風景 学術大会風景

年に一度、日本メディカルシステムの全薬剤師が参加する学術大会。 この大会では、毎年テーマを決め、そのテーマにそってチーム発表を行い、薬剤師の仕事を深く掘り下げ、その役割について考え、知識や情報を幅広く共有し、現場で役立てていくことを目的に開催しています。